定番からレアものまで、所有楽器の紹介。随時更新。

KICK CONGA

DSC_0256.JPG



上はコンガ、下はバスドラ

パーカッショニスト、ドラマーのトリロク・グルトゥ考案のキックコンガ。
昔REMO関係の連載をしていた時に興味があって、安かったのでとりあえず買ってみたのが正解でした。
今は受注生産で結構な値段になっているらしい。
下のバスドラは14"なのでちょっとチューニングが難しいけど、スペースのないライブハウスなどではパーカッションセットに組み込むにはちょうど良かったりする。
ペダルは少し改造してチェーンを伸ばしてヘッドとの距離をとっています。


DSC_0259.JPG


ヘッドもカラフル

上のコンガ部は、正直本物のコンガに比べると全然ならない。
ある程度ハイピッチのほうが相性はいいと思うのですがセッティング上どうしても右手側にくるため低めのチューニングになってしまうのでなおさら・・・。
便利なんだけど、上も下も、チューニングが難しい楽器です。
コンガヘッドはREMOのNU SKYN(別売り)。


明珍火箸風鈴

1320333922201.jpg


匠の技、職人のこだわり

姫路の職人、明珍さんが作っている火箸風鈴。
代々甲冑職人でしたが、時代の流れとともに甲冑から火箸へ、その火箸も需要が少なくなり、火箸を使った風鈴を考案。
これが数々の音楽家に評価されています。
数年前に明珍さんの創った楽器を使ったコンサートでこの楽器と明珍さんに知り合って以来、明珍火箸の音色のとりこになりました。
明珍さんの職人気質な人柄も作品に現れていて大好きです。(奥様も本当に素敵な方です)
他にもチタンのおりんや明潤琴など魅力的な楽器がたくさんあります。
中でも「玉鋼火箸」という刀一本分の鐡を打って作った火箸風鈴は、この世の音とは思えないような澄んだ音で、いつまでも鳴らしていたい・・・。と思わせる非常に魅力的な楽器です。聞くところによると、SONYのオーディオチェックに使われるほど、いろんな倍音が含まれているとか。うちが資産家だったら、すべて買い占めて独占したいところですが、残念ながらひとつ買うのも躊躇している状態です。


DRUM SET

DSC_0327.JPG

YAMAHA Maple Custom

先輩ドラマーから譲っていただいた22",20",16",13",12",10"に18",14",8"を買い足して何でも来いなセットになりました。
Natural Woodなので年月とともに色に深みが増していき、最初は買い足したのが全然色違いだったのがだいぶ追いついてきました。


DSC_0328.JPG

積み上げた写真撮ろうと思ったら天井に届いてしまいました・・・。


DSC_0327.JPG

YAMAHA Maple Custom



DSC_0328.JPG



ページの先頭へ